ミサトっ子ぞうり


外で走り回って遊ぶことが少なくなった今の子どもたち。

その影響が「土踏まずがない」「足の指が浮いている」といった

足の異変にあらわれてきています。


土踏まずがないと立つ、歩く、走る、跳ぶ、とび降りる、よじ登る、

横や後に動くなど人間の基本的な動きに無理がでます。

さらに土踏まずが担っている機能を、足の指や足首、膝や腰がおこなうため、

これらの部分に障害を引き起こすようになります。


ミサトっ子を半年間履いた子は

土踏まずの形成が促進され、

親指、薬指、小指の力が強くなり横のアーチが強化されるそうです。

浮き指の改善もみられるとのこと。


多くの幼稚園などでも、導入されています。


「ケンコーミサトっ子」は職人さんがひとつひとつ手作りした昔ながらの健康履物。

い草のサラッとした心地よさや、足の指をしっかり使って歩く気持ちよさがポイントです。


わたしも、今年の夏はミサトっ子草履を購入してみました。

い草のは着心地がよく、鼻緒も全然痛くなく、すっかりお気に入りになってしまいました。

毎日愛用しています。


スポンサードリンク


posted by 赤ちゃん靴の正しい選び方 at | 草履に注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。